ツーリングlog

埼玉で2輪遊びをしている人の忘備録。愛車:PCX(JF56)とCBR250R(MC41)

2018夏_北海道ツーリング@PCX(7日目)

PCX(原付2種)で周る北海道ツーリング、

今回(2018.08.02)は比布~襟裳岬~千歳まで ※写真多め

 

前回のあらすじ

nbikelife.hatenablog.jp

 

1.ルート

f:id:nbikelife:20190714210249j:plain

 比布~美瑛~富良野襟裳岬~千歳

2.本編

イビキ野郎が居なかったので熟睡できました(ニッコリ)

 

早朝だったのでそーっと離脱し、旭川市街地を避けて美瑛へ

 

美瑛・富良野エリア

(多分)セブンスターの木付近

 

マイルドセブンの丘

バリバリ観光地エリアだが06:30過ぎ~に立ち寄ったので景色を(ほぼ)独り占めできてウマー

 

R237沿いのどこか、具体的な場所は忘れた(ガバ)

 

R237から逸れて(多分)ジェットコースターの路へ 

 

直線&アップダウンを楽しめる爽快な道なのは確かだけど

個人的には女満別にあるオーヴェールの丘近郊の道の方がアップダウンが激しくてジェットコースター感満載だった気がする

オーヴェールの丘近郊

 

 

続いてラベンダーを眺めにファーム富田へ

08:30頃訪れたので人も少なくのんびり見て周れていいぞ~これ

尚、売店はやってなかったのでソフトクリームの類は食べれず離脱()

 

r253で市街地を迂回しつつ南富良野でR38へ合流

流石2桁国道、片側2車線あって快適~^

 

十勝エリア

R38狩勝峠。ここを境に十勝地方に入ります。

 帯広まで59km…よし、近いな!(北海道感)

 

当然のように帯広市街地をスルーし道の駅なかさつないで休憩

十勝野フロマージュチーズフロマージュジェラート。猛暑でダメージを受けた身体に沁みる美味さ(^q^)

ちなみに本店は割と近くにあるっぽい

 

申し訳ない程度の十勝要素(帯広豚丼)。

 

腹ごしらえを終わらせ十勝平野を楽しみながら海を目指しますゥー…

 

うーみー!!(晴天の海を見ると無条件にテンション上がる海無し県民の性)

 

広尾町を超えるとしばらくトンネル続きになる訳だが、

北海道最長のえりも黄金トンネル(4941m)は涼しいを通り越して寒さに震える程トンネル内がひんやりしているので安易にメッシュジャケで突っ込むのはやめよう(断言)

 

襟裳岬

「10メートル以上の風の吹く日が、年間260日以上もある」と

襟裳岬「風の館」 - 公式ウェブサイト

に書かれてる程度に強風が強く霧が多い地域なのだが…

 

 

晴天&ぼぼ無風で最高のコンディションだったぜ!!

 

襟裳岬 is てっぺん

なんだこの図は、たまげたなぁ

襟裳灯台

 

 

さてこの時点で15時過ぎ、しかも泊まる場所も決まってないので

なんとなく「大きい街(=苫小牧)まで行けば何かしらあるだろ」と思って調べたところ

予想外に遠い&宿も高いところしか空いてなかったのでどうしたもんかと考えてたら

駐車場で会ったセロー乗りおじさんから「ちとせライダーハウス」を紹介され、ダメ元で電話した結果…宿 泊 O K の返事をいただくことが出来た(やったぜ)

じゃあ俺、左手の海を楽しみながら宿まで下道レーシングするから…(この時点で16時前)(あと180km強)

 

夕陽と向日葵の組み合わせすき

 

宿

そんなこんなで本日の宿「ちとせライダーハウス」に到着。

www.hatinosu.net

寝床2部屋+リビング、電子レンジやお湯もあり風呂以外は概ね揃っていて1000円はありがたい。

 

寝床を確保した後にセコマへ買い出し&公衆浴場「春日湯(420円)」で湯船に浸かり

その後ライダーハウスのリビングで一緒になった

宮城から初高速で青森まで自走兄貴(車種は忘れた)

埼玉から来た黒いCBR250R(MC41後期)兄貴

と雑談がてら道内のオススメスポットを教えたりしてたら夜が更けていった…

 

後から振り返ると

これから北海道ツーリングを楽しむ者ほぼ終えた者が一同に介する機会は中々ないし

こういった一期一会の交流がライダーハウスの楽しみ方の一つなのかなと思う

本日の走行距離

535km。今回の旅最長距離です

3.続きは…

支笏湖!室蘭!苫小牧港!

 

nbikelife.hatenablog.jp