ツーリングlog

埼玉で2輪遊びをしている人の忘備録。愛車:PCX(JF56)とCBR250R(MC41)

2018夏_北海道ツーリング@PCX(~0日目)

昨年のネタは初投稿です。

 

梅雨でおバイク遊びに向かない時期なので昨年北海道ツーリングについて覚えてる範囲で振り返ってみる。

#本記事では出発までのいきさつに触れます

 

1.きっかけ

会社の後輩からのお誘いで当初は北海道ではなくフェリーで徳島上陸→しまなみ海道経由で鹿児島の佐多岬を目指す計画だった。

・・・が、2018年7月初めの西日本豪雨の影響で四国地方の通行止めや工事車両による復興レーシングを避けられなかったため、出発2週間前に急遽北海道行きへ変更となった。

 

余談だが北海道ツーリングを終えて1か月後に北海道胆振東部地震もあり、振り返ると遠征先(計画含む)で災害が起きてるように見えるが全て偶然である。

#というか2018年は天災多過ぎた…

 

2.スケジュールとルート

7月末~8月初旬までの10日間(予備日1日含む)

・行きは埼玉~新潟港まで下道レーシング&フェリー乗船に1日、

・北海道周遊に7日、

・帰りは仙台港~埼玉まで下道レーシングで1日(+予備日1日)

お互い行きたいスポットをピックアップしながら時計回りでぐるっと周って苫小牧から帰ろう程度のガバガバ計画だったと思う(曖昧)

#ルート詳細はまた別の記事で

 

3.装備など

<服装>

・3シーズン(春秋冬)ジャケット #中の防寒インナー取り外し済

・薄手の長袖インナー、下着類 4セット

 

2018年の首都圏は猛暑を通り越して40℃近い酷暑だったので「メッシュジャケットでええやろ(舐めプ)」と思っていたがいろいろな意見を参考にした結果上記の形になった。

#実際朝晩と雨霧は首都圏と比べてはいけない程冷えたので正解でした。

 

<装備>

天気よければキャンプしようぜ的なノリだったので普段キャンツーで使ってるものをそのまま積み込み。

当時はPCX1台体制だったのでメットイン(25L)+トップケース(34L)+防水ドラムバッグ(40L)+クーラーバッグ(7L)で雨霧に特に困ることなく回ることができた。

item.rakuten.co.jp

item.rakuten.co.jp

 

3.続きは… 

準備期間中の写真が見つからなかったので文字だけの簡素な記事になってしまった。

肝心の本編は↓の記事で!

nbikelife.hatenablog.jp